保存

ドッグフードを選ぶ基準

最近では、ドッグフード選びの基準が安全性だという飼い主さんが増えてきました。
では、安全性の高いドッグフードhttp://www.wanderers-rest.com/koku.htmlとはどのようなものなのでしょうか?
まずは、http://whitedog.whitesnow.jp/kike.htmlにも書いてあるように、体に害となる添加物が極力含まれていないこと。
肉類を新鮮な状態に保つためには多少の保存料は仕方がありませんが、ドッグフードを美味しく見せるために使用をされる着色料や香料などは含まれていない方が安心です。

また、使用をされている肉や脂が安全なものであることも重要です。
動物性脂肪、副産物、肉類などと、使用されている材料の名前をはっきりと明記していない場合は、人間に使用をすることが出来ない粗悪な肉や脂を使用している可能性があります。
安全なドッグフードに表示されている原材料は至ってシンプルです。
聞いたことがないような名前がずらりと並んでいる場合は、安全性を疑った方が良いでしょう。

次に、生産元がはっきりとしていて、信頼の出来るメーカーの商品であること。
輸入品のドッグフードhttp://www.dogfood-ranking.com/yunyu.htmlが危険だというわけではありませんが、海外の商品は製造過程を確認することが難しく、輸送中に品質が落ちる場合もあるため、原材料や製造過程について確認をすることの出来る国産のドッグフードの方が安心です。

ただし、安全性が確保出来たからと言って、ドッグフードに含まれている栄養がワンちゃんに合っていなければ意味がありません。

例えば、年齢によって必要となる栄養は変わりますし、体調によっても変わってきます。
安全性を確認することが出来たら、次に現在の愛犬に合った栄養が含まれているかどうかを確認して下さい。

そして、最後は価格です。
毎日ワンちゃんに与えるものなので、ドッグフード購入の出費は大きいものです。
品質の良いドッグフードはどうしても価格が高くなります。
ワンちゃんの健康のために高いドッグフードを与えるのは良いことですが、そのことで生活が厳しくなっては意味がありません。
あくまでも目安ですが、1キロあたりの価格が1000円以上になる商品を選べばある程度安心です。
不足しがちなビタミン,ミネラルを十分に配合したドッグフードはおすすめです。詳しくは、http://www.supreme-directory.com/fus.htmlをご覧ください。

このページの先頭へ